V36の趣味のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS FGT 2022年度導入断念

<<   作成日時 : 2017/07/16 18:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

九州新幹線長崎ルートに、2022年度に導入予定だったフリーゲージトレイン
残念ながら2022年度は断念となった

画像


試験車両の車軸の摩耗対策がさらに必要となったため、断念となった

佐賀県は狭軌、長崎県はフル規格
なんかちぐはぐな路線だなー

山形新幹線や秋田新幹線のようなミニ新幹線にすればいいのに
可変軌間台車ではないので、車体重量も軽く、フル規格区間のE6系は320km/hで走行できる

ちなみにミニ新幹線区間(福島−新庄、盛岡−秋田)は新幹線ではなく
特急扱いで、特定特急料金が設定されている
新幹線区間は東北新幹線と併結して200km/h以上で走行するが
特急区間の最高速度は130km/hとなる
当然踏切もある

在来線もそのまま残っており、標準軌の普通列車が走行している
山形−福島間には、板谷峠を走行する区間なので719系5000番台
山形−新庄間は701系5500番台が担当する

普通列車ですが、新幹線が走行する高規格路線を走行するため
揺れはないし快適で、110km/hで爆走します
これはいい!

特急列車と普通列車が混在するミニ新幹線
三セクに切り離されずに済むのでオススメなのですが…
どうかなー?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

FGT 2022年度導入断念 V36の趣味のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる